はきよさの秘密

 
下駄を履いて足が痛くなった、
鼻緒が擦れて足の皮が剥けてしまった.....
そんな経験ありませんか?


下駄はけっして履いて足が痛くなるような履物ではありません。
むしろ、足のツボを刺激し血行を促進する、とても気持ちのよいものなのです。

また、鼻緒が足の指を開いた状態にしてくれるため外反母趾の予防にも役立つといわれています。


ぜひ一度当店の下駄を履いてみてください。
当店の下駄は足が痛くなることはありません。
その秘密は鼻緒のすげ方(つけ方)にあるのです。

★A(一般的な鼻緒すげ) ★B(履きやすい鼻緒すげ)

Bの下駄は鼻緒の後ろの部分をあらかじめ裏返し、
鼻緒の裏地の柔らかい部分が足にあたるよう、取り付けています。

これなら履くときに鼻緒がよじれず、鼻緒が足を包み込むような感覚で履いていられるため、
足が擦れて痛くなったりすることがないのです。



※履きはじめのご注意

鼻緒の前坪(つま先部分)は足の指の太さや足の甲の高さによってすげる時に調整しますが、
前坪は徐々に伸びてくるため、まずは若干きつめにしておいて、足の指先で鼻緒をつまむようにして履いてみて下さい。
(その際、かかとは少しはみ出すぐらいで構いません)
下駄やお草履など和装履物はかかとが少し出たほうが見た目もキレイで歩きやすく、”粋”な履き方なのです。


どうしても足が擦れて痛くなる、という方は、

・出来るだけ太くやわらかい鼻緒を選んで履く
・足袋を履く
・鼻緒を揉みしごいて柔らかくする


など、試してみて下さい。

また、当店にて足に合わせた調整も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。


≫トップページへ戻る