朱溜漆塗 紳士桐足駄  本天正絹鼻緒

¥33,000

越後桐の桐台に、丈夫な朴の歯を差した「足駄」という江戸時代以前からある下駄です。
紳士用に1.2㎝の厚みの丈夫な朴歯を使用。
鼻緒は足に優しい専用の正絹本天鼻緒です。
寸法:長さ25.5センチ 幅10センチ 高さ6センチ
適応サイズ:25.5~26.5 (かかとは出ますが27センチでも可)
※サイズオーダーも22~28センチまで承ります。ご注文後、メールフォームからお申し付けください。

※現在ご注文、お問い合わせを多くいただいておりますため、在庫は完売となっております。(ご注文自体は承ります。)

オーダーいただいてから漆の本塗り作業に入りますので、ご注文後の商品のお渡しは令和5年1月後半~2月上旬を予定しております。

何卒ご容赦の程、お願い申し上げます。

※朱溜漆について
朱色の単色漆の上に溜漆という半透明の漆を塗り重ねる技法。経年変化で下地の色が立体的な表情に浮かび上がり、より高級感が増してきます。(掲載見本で約1年後の変化を掲載)

※小千谷鼻緒、印傳鼻緒への変更も可能です。別途、メールフォームからお申し付けください。

カテゴリー: ,

説明

追加情報

サイズ 25.5 × 10 × 6 cm